新米ママには軽自動車がおすすめ


もはや自動車販売台数の4割を超えるまでになった軽自動車。
新米ママの日常の足として手軽でオススメです。

まず第一におすすめした理由が「取り回しがしやすい」これに尽きると思います。
クルマの運転が苦手な人の多くは「クルマをこすりそう」「前方左側(助手席側)の先が見えなくて怖い」という不安感が先に立つものですが、軽自動車なら車幅は最大1.48mしかありません。
軽以外ならほとんど1.7m近くあるクルマに比べると、取り回しが本当にラクで不安なくドライブを楽しめます。
目視した感覚と実際の車の長さが近いので運転席で取り回しするときに楽だと思います。

つぎにオススメしたい理由としては、「維持費が安い」これです。
クルマを持っていると毎年払わなくちゃいけないユウウツな自動車税ですよね。
一般的なコンパクトカー(排気量1.3リットル)でも年間29500円と高額ですが、軽自動車なら年間7200円と1/4で済みんでしまうのです。
2015年の4月から新車登録(新規に購入)された車から増税されてしまいますが、それでも10800円とコンパクトカーの半額以下です。
また維持費といえばガソリン代ですが、最近の軽自動車なら1リットルあたり30km以上走るハイブリッドカー並みのものも珍しくありません。
リッター走行可能距離、30kmは理想値だとしてもそれでも、無駄にアクセルを踏み込んだり、急発進や急加速、急ブレーキなどをしない運転を心がければ非常に燃費良く走ります。

どうです?
ガソリン代、燃料費も自動車税にかかる税金も安い軽自動車なら、セカンドカーとしても最適だと思いませんか?

そして軽自動車をおすすめしたい最後の理由ですが、「下取り額が意外に高い」これです。
軽自動車を買い日常使いとして考えていても、いずれ子供が大きくなったらもっと大きな車に替えたいと思うこともあるでしょう。
もしくは、新しい軽自動車に乗り換えることもあるでしょう。

そんなとき、実は軽自動車は中古車市場では人気が高く、コンパクトカーなどより驚くほど高く買い取ってもらえるケースが多いのです。
gooやカーセンサーなどで軽の中古車とコンパクトカーの値段を同じ年式や走行距離で比べても、高いのは軽自動車です。
買うときは安く、売るときは高い軽自動車。実にお財布にやさしい乗り物です。

女性にとって車というのは、日常の足でありながら車の運転があまり得意でない方にとっては憂鬱に感じる部分もあると思います。
だからこそ、無理に大きな車ではなく、軽自動車を新米ママにおすすめします。